RSS
  • 賃貸物件(賃貸マンション・アパート)&お部屋探し情報満載「ホームメイト」
  • 地域密着型Web施設情報 生活施設情報を探す「ホームメイト・リサーチ」
  • テレビショッピング
ハートマークショップスタッフのご紹介
スタッフ タカハシ
スタッフ タカハシ
ワーキングマザーとして日々奮闘中! 主婦目線で商品を紹介します。
スタッフよりひとこと

「ハートマークショップ」にご来店頂き、ありがとうございます。 一人でも多くのお客様に、ご満足頂けるお買い物をして頂けるよう、ブログで商品を紹介して参ります。 宜しくお願い致します。

ブログカレンダー

スタッフ タカハシ

  • 小
  • 中
  • 大
2020/10/23

通販|お好きな場所に設置できるスリッパラック

こんにちは絵文字:ピカピカ
ワーキングマザーのタカハシです。

私たち日本人は玄関で靴を脱ぎますよね絵文字:足
土足で室内を歩くことは滅多にありませんが、海外、特に欧米では室内は土足が普通絵文字:ほっとした顔

近年は欧米でも土足禁止のお宅が増えているようですが、元々は「人前で靴を脱ぐのは、はしたないこと」だと思われていたり、「他人に足の裏を見せるのは失礼」と言う認識があったりするそうです絵文字:冷や汗2

それでは、なぜ日本人は玄関で靴を脱ぐのでしょうか絵文字:!?

その理由のひとつは、「外で履いた靴によって家の中を汚したくないから」という気持ちがあるようです絵文字:ほっとした顔

靴を脱げば、外の砂やゴミが室内の床に落ちることがなく掃除がラクですよね絵文字:ピカピカ

でももっと大きな理由は気候にあるようです絵文字:!

梅雨があるように、日本は雨が多く湿度が高いですよね絵文字:雨
その上、昔は舗装されている道路も少なく、泥だらけになってしまい、履物のまま室内を歩いてしまうと家中が砂や土だらけになってしまうのです絵文字:冷や汗2

特に日本は畳文化ですから、濡れた靴で畳を踏むと畳が傷んでしまいますよね絵文字:たらーっ

このような環境から、日本では「室内では靴は脱ぐものという習慣」が生まれたようです絵文字:ひらめき

この話を聞いて、「室内では靴を脱ぐ」という習慣について興味が湧き、もう少し掘り下げて調べてみました絵文字:本

平安時代の絵巻物を見てみると、貴族たちは床のある家に住んでいて、履物を脱いで暮らしていたようでした。

と言うことは、この時代にはすでに室内で靴を脱ぐ習慣が生まれていたということですね絵文字:笑顔

先ほども申しましたように、日本の夏は高温多湿な気候のため、縁の下を作らなければ床が湿ってきてしまいます絵文字:あせあせ
だから必然的に外と家の中には段差を設けなければなりません絵文字:パー

室内に入ることを「家に上がる」と表現しますが、この段差からきていたのですね絵文字:ピカピカ

そしてこの「上がる」という行為も、靴を脱ぐ理由のひとつになっているのではないでしょうか絵文字:!?

家の中の一段高くなっているスペースはプライベートな場所で、そこに上げて招き入れるということは「家に入れる必要がある人」ということになります絵文字:ほっとした顔

そして招かれる側も、大切な場所に土足で入るのは失礼に当たると考えていたようです。

さらに日本家屋の特徴は、扉を開ければすぐに屋内というわけではありません絵文字:パー

たいていの家の玄関には、土足で入っても許される「たたき」と、家の中に入る段差部分にあたる「上がり框」(あがりかまち)があります。

例えば、お隣さんが回覧板を持ってきたときや、宅配便が荷物を届けたとき、飛び込みの営業マンなどは、家の奥まで上がり込むことはめったにありません。

多くの場合、訪れた人は「たたき」で、住人は「上がり框」で対応をします絵文字:考えてる顔

一方、欧米の家屋にももちろん床はありますが、外との段差がなく、玄関から入ればすぐ生活スペースで、屋内外を分ける物は扉一枚だけ

海外のテレビドラマや映画でも、扉を開けるとすぐにリビングという様子をよく目にしませんか絵文字:!?

このように日本家屋は海外の家屋と違い、外と屋内の間にたたきと上がり框が存在し、いわば「結界」の役割を果たしているとも考えられているようです絵文字:ほっとした顔

このような環境から、日本人にとって家の中に「上がる」のは特別な意味があり、特別な場所に招き入れられるために失礼のないように靴を脱ぐという行為をするようになったのですね絵文字:指でOK

また、日本人が家の中で靴を脱ぐのは、きれい好きという国民性も影響しているようです絵文字:ピカピカ

長時間靴を履いていると、汗で足が蒸れてきますよね絵文字:冷や汗2
蒸れて嫌な臭いを発することすることもあります絵文字:悲しい

通気を良くするためにも、必要のないときは靴を脱いで清潔に保つよう努めている方も多いと思います絵文字:ピカピカ

とは言え、他人の家やお寺などに上がる際には、靴を脱いだとしても、裸足ではなく、靴下を履く心遣いは持っていた方が良いかもしれません絵文字:ほっとした顔

裸足ですと、自分でも気づいていない皮膚の病気(水虫など)や足にかいた汗が床についてしまうこともあるからです絵文字:ふらふら

電気工事業者などのお客様の家に上がって仕事をする人の中には、外のホコリや汚れを家の中に持ち込まないために靴下をきれいな物に履き替えるという気遣いをする方もいます絵文字:ウインク

単に「靴を脱げばいい」ということではなく、そこに気遣いがプラスされるところも日本人らしいですよね絵文字:複数ハート

また、直接床に座ったり、布団を敷いたりする文化も、靴を脱ぐ習慣に深くかかわっていると言えます絵文字:ほっとした顔

現代の日本では、ほとんどの道路がきちんと舗装されており、靴もそれほど汚れません絵文字:ピカピカ
それでも、やはり土足で踏んだ床に直接座ったり、布団を敷いたりするのは抵抗があります絵文字:冷や汗

考えてみると、土足で家に入る国は、たいていの場合、椅子やベッドの文化ですもんね絵文字:笑顔

また、日本以外にも屋内では靴を脱ぐ風習の国はたくさんあります。

海外旅行に行く際にはその国の風習をしっかりと調べてからでないと、恥ずかしい思いをしたり、図らずとも失礼なことをしてしまったりするので注意が必要です絵文字:ほっとした顔

いかがですか絵文字:!?
日本人の「家に上がるときには靴を脱ぐ理由」は、歴史的、環境的、そして習慣的なことがかかわっていることが分かりました。

「なるほど。そういうことだったのか」と納得できる理由も発見できて、なかなか興味深いですよね絵文字:笑顔

そこで本日は、日本のご家庭の「家の中での履物事情」にまつわるこんなグッズをご紹介しようと思います絵文字:ムード

【YAMAZAKI/山崎実業】スリッパラック

画像


こちらはお好きな場所に設置ができる、省スペース型スリッパラックです絵文字:笑顔

デッドスペースになりがちな玄関まわりの壁を活用し、まるで備え付けのような見た目になるのがポイントのラックです絵文字:ひらめき

こちらのスリッパラックには、設置する場所や状況に合わせて3通りの設置方法があるのですよ絵文字:チョキ

@ シューズボックスの扉に装着できる「コの字フック」

画像画像


コの字フックを利用すればシューズボックスの扉に掛けて使用できます絵文字:チョキ
扉の内側・外側どちらにも使用できるのが嬉しいですよね絵文字:音符
扉の厚みは1.5〜2cmまで対応しています。

画像


A シューズボックスの側面に設置できる「L字フック」

画像


L字フックを使用すればシューズボックスや棚の側面に簡単に設置できます絵文字:ムード
引っ掛けるだけなので着脱もラクラクですよ絵文字:笑顔

画像


B かける場所がないときは直接木ネジで固定

画像画像


壁やシューズボックス扉の内側などに直接ネジで固定することもできます絵文字:指でOK

画像


このように状況に応じて設置できるのでとても便利ですよね絵文字:ひらめき

また壁やシューズボックスの扉に設置することで、しゃがむ動作をしなくて済むので、体に負担が掛かりません絵文字:パー
これならご高齢の方にも快適にお使い頂けますよ絵文字:笑顔

さらに、鍵や靴べらなどを掛けて収納できる便利なフックも付いています絵文字:ピカピカ

画像


カラーはホワイトとブラックの2色。
インテリアに合わせてお選び頂けます絵文字:ほっとした顔

画像


こちらの商品はスタイリッシュなインテリアグッズ、キッチングッズでおなじみ、山崎実業の「TOWER」シリーズです絵文字:ピカピカ

収納に場所を取っていたスリッパも、このラックでスッキリしますよ絵文字:ピカピカ
皆様のご家庭でもぜひご活用下さい絵文字:笑顔



  • 商品を詳しく見る
  • お気に入りに登録
前へ メインページへ戻る 次へ

このページのトップへ

関連施設検索

  • クックドア
  • マーケットピア ショッピング施設検索

関連ブログ

  • グッドショッピング お買物サポートブログ
  • 料理ブログ
  • グルコック

お役立ちコンテンツ

  • ナスラックKitchen
  • 英語de英会話レッスン

グループサイト

  • 東建コーポレーション株式会社
  • ナスラック
  • ナスラック キッチンショールーム
  • ハートマークショップ
  • 東建グループ公式姉妹サイト
ハートマークショップの「お買い物ブログ」は、ハートマークショップのスタッフが新商品やキャンペーンなどのお得な情報をご紹介するブログです。
お買い物ブログで紹介する商品は、キッチン用品・調理家電から、生活雑貨や生活家電、家具や収納など、幅広く取扱っています。季節に合わせたオススメ商品もありますので、欲しくなっちゃうこと間違いなし!買い逃さないように要チェックです。
ぜひ、ハートマークショップの「お買い物ブログ」をのぞいてみて下さい!