RSS
  • 賃貸物件(賃貸マンション・アパート)&お部屋探し情報満載「ホームメイト」
  • 地域密着型Web施設情報 生活施設情報を探す「ホームメイト・リサーチ」
  • テレビショッピング
ブログカレンダー

こんにちは絵文字:ピカピカ
ワーキングマザーのタカハシです。

私たち日本人は玄関で靴を脱ぎますよね絵文字:足
土足で室内を歩くことは滅多にありませんが、海外、特に欧米では室内は土足が普通絵文字:ほっとした顔

近年は欧米でも土足禁止のお宅が増えているようですが、元々は「人前で靴を脱ぐのは、はしたないこと」だと思われていたり、「他人に足の裏を見せるのは失礼」と言う認識があったりするそうです絵文字:冷や汗2

それでは、なぜ日本人は玄関で靴を脱ぐのでしょうか絵文字:!?

その理由のひとつは、「外で履いた靴によって家の中を汚したくないから」という気持ちがあるようです絵文字:ほっとした顔

靴を脱げば、外の砂やゴミが室内の床に落ちることがなく掃除がラクですよね絵文字:ピカピカ

でももっと大きな理由は気候にあるようです絵文字:!

梅雨があるように、日本は雨が多く湿度が高いですよね絵文字:雨
その上、昔は舗装されている道路も少なく、泥だらけになってしまい、履物のまま室内を歩いてしまうと家中が砂や土だらけになってしまうのです絵文字:冷や汗2

特に日本は畳文化ですから、濡れた靴で畳を踏むと畳が傷んでしまいますよね絵文字:たらーっ

このような環境から、日本では「室内では靴は脱ぐものという習慣」が生まれたようです絵文字:ひらめき

この話を聞いて、「室内では靴を脱ぐ」という習慣について興味が湧き、もう少し掘り下げて調べてみました絵文字:本

平安時代の絵巻物を見てみると、貴族たちは床のある家に住んでいて、履物を脱いで暮らしていたようでした。

と言うことは、この時代にはすでに室内で靴を脱ぐ習慣が生まれていたということですね絵文字:笑顔

先ほども申しましたように、日本の夏は高温多湿な気候のため、縁の下を作らなければ床が湿ってきてしまいます絵文字:あせあせ
だから必然的に外と家の中には段差を設けなければなりません絵文字:パー

室内に入ることを「家に上がる」と表現しますが、この段差からきていたのですね絵文字:ピカピカ

そしてこの「上がる」という行為も、靴を脱ぐ理由のひとつになっているのではないでしょうか絵文字:!?

家の中の一段高くなっているスペースはプライベートな場所で、そこに上げて招き入れるということは「家に入れる必要がある人」ということになります絵文字:ほっとした顔

そして招かれる側も、大切な場所に土足で入るのは失礼に当たると考えていたようです。

さらに日本家屋の特徴は、扉を開ければすぐに屋内というわけではありません絵文字:パー

たいていの家の玄関には、土足で入っても許される「たたき」と、家の中に入る段差部分にあたる「上がり框」(あがりかまち)があります。

例えば、お隣さんが回覧板を持ってきたときや、宅配便が荷物を届けたとき、飛び込みの営業マンなどは、家の奥まで上がり込むことはめったにありません。

多くの場合、訪れた人は「たたき」で、住人は「上がり框」で対応をします絵文字:考えてる顔

一方、欧米の家屋にももちろん床はありますが、外との段差がなく、玄関から入ればすぐ生活スペースで、屋内外を分ける物は扉一枚だけ

海外のテレビドラマや映画でも、扉を開けるとすぐにリビングという様子をよく目にしませんか絵文字:!?

このように日本家屋は海外の家屋と違い、外と屋内の間にたたきと上がり框が存在し、いわば「結界」の役割を果たしているとも考えられているようです絵文字:ほっとした顔

このような環境から、日本人にとって家の中に「上がる」のは特別な意味があり、特別な場所に招き入れられるために失礼のないように靴を脱ぐという行為をするようになったのですね絵文字:指でOK

また、日本人が家の中で靴を脱ぐのは、きれい好きという国民性も影響しているようです絵文字:ピカピカ

長時間靴を履いていると、汗で足が蒸れてきますよね絵文字:冷や汗2
蒸れて嫌な臭いを発することすることもあります絵文字:悲しい

通気を良くするためにも、必要のないときは靴を脱いで清潔に保つよう努めている方も多いと思います絵文字:ピカピカ

とは言え、他人の家やお寺などに上がる際には、靴を脱いだとしても、裸足ではなく、靴下を履く心遣いは持っていた方が良いかもしれません絵文字:ほっとした顔

裸足ですと、自分でも気づいていない皮膚の病気(水虫など)や足にかいた汗が床についてしまうこともあるからです絵文字:ふらふら

電気工事業者などのお客様の家に上がって仕事をする人の中には、外のホコリや汚れを家の中に持ち込まないために靴下をきれいな物に履き替えるという気遣いをする方もいます絵文字:ウインク

単に「靴を脱げばいい」ということではなく、そこに気遣いがプラスされるところも日本人らしいですよね絵文字:複数ハート

また、直接床に座ったり、布団を敷いたりする文化も、靴を脱ぐ習慣に深くかかわっていると言えます絵文字:ほっとした顔

現代の日本では、ほとんどの道路がきちんと舗装されており、靴もそれほど汚れません絵文字:ピカピカ
それでも、やはり土足で踏んだ床に直接座ったり、布団を敷いたりするのは抵抗があります絵文字:冷や汗

考えてみると、土足で家に入る国は、たいていの場合、椅子やベッドの文化ですもんね絵文字:笑顔

また、日本以外にも屋内では靴を脱ぐ風習の国はたくさんあります。

海外旅行に行く際にはその国の風習をしっかりと調べてからでないと、恥ずかしい思いをしたり、図らずとも失礼なことをしてしまったりするので注意が必要です絵文字:ほっとした顔

いかがですか絵文字:!?
日本人の「家に上がるときには靴を脱ぐ理由」は、歴史的、環境的、そして習慣的なことがかかわっていることが分かりました。

「なるほど。そういうことだったのか」と納得できる理由も発見できて、なかなか興味深いですよね絵文字:笑顔

そこで本日は、日本のご家庭の「家の中での履物事情」にまつわるこんなグッズをご紹介しようと思います絵文字:ムード

【YAMAZAKI/山崎実業】スリッパラック

画像


こちらはお好きな場所に設置ができる、省スペース型スリッパラックです絵文字:笑顔

デッドスペースになりがちな玄関まわりの壁を活用し、まるで備え付けのような見た目になるのがポイントのラックです絵文字:ひらめき

こちらのスリッパラックには、設置する場所や状況に合わせて3通りの設置方法があるのですよ絵文字:チョキ

@ シューズボックスの扉に装着できる「コの字フック」

画像画像


コの字フックを利用すればシューズボックスの扉に掛けて使用できます絵文字:チョキ
扉の内側・外側どちらにも使用できるのが嬉しいですよね絵文字:音符
扉の厚みは1.5〜2cmまで対応しています。

画像


A シューズボックスの側面に設置できる「L字フック」

画像


L字フックを使用すればシューズボックスや棚の側面に簡単に設置できます絵文字:ムード
引っ掛けるだけなので着脱もラクラクですよ絵文字:笑顔

画像


B かける場所がないときは直接木ネジで固定

画像画像


壁やシューズボックス扉の内側などに直接ネジで固定することもできます絵文字:指でOK

画像


このように状況に応じて設置できるのでとても便利ですよね絵文字:ひらめき

また壁やシューズボックスの扉に設置することで、しゃがむ動作をしなくて済むので、体に負担が掛かりません絵文字:パー
これならご高齢の方にも快適にお使い頂けますよ絵文字:笑顔

さらに、鍵や靴べらなどを掛けて収納できる便利なフックも付いています絵文字:ピカピカ

画像


カラーはホワイトとブラックの2色。
インテリアに合わせてお選び頂けます絵文字:ほっとした顔

画像


こちらの商品はスタイリッシュなインテリアグッズ、キッチングッズでおなじみ、山崎実業の「TOWER」シリーズです絵文字:ピカピカ

収納に場所を取っていたスリッパも、このラックでスッキリしますよ絵文字:ピカピカ
皆様のご家庭でもぜひご活用下さい絵文字:笑顔



  • 商品を詳しく見る
  • お気に入りに登録

絵文字:複数ハートこんにちは絵文字:音符
ミズタニです。

日常生活の中で必要な物もあれば、不要な物もありますよね。
不要な物の代表が「ごみ」です絵文字:げっそり

各家庭で出たゴミは地域の規則に従ってきちんと分別をしてからゴミステーションなどに出し、自治体が契約している回収業者などによって収集されていくのが一般です絵文字:ほっとした顔

ただし、この分別がなかなか大変ですよね絵文字:冷や汗2
そもそもごみの分別はなぜ必要なのでしょうか絵文字:!?

ごみは暮らしの中では不必要になった物ですが、中には「資源として再利用できる物」がたくさんあります。

正しく分別することで、資源としてリサイクルルートに乗せることができるようになるのです絵文字:笑顔

分別され再利用されるごみの代表格がビンや空き缶です。
ビンは新しいビンとして再利用されます絵文字:リサイクル

空き缶も再利用されるのですが、実はスチール缶とアルミ缶では利用の方法が違うのですよ絵文字:パー

スチール缶もアルミ缶も分別されたあとプレスされます。
その後、スチール缶は電気炉を持つ製鉄メーカーに出荷され、新たな鉄製品の原料として使われます絵文字:笑顔

一方、アルミ缶は二次合金メーカーに出荷され、自動車部品などの様々なアルミ合金製品の原料となるのですよ絵文字:指でOK

このように私たちの暮らしの中で不要になった空き缶たちは、新しい鉄製品やアルミ製品となって私たちの身近な場所で再利用されるのです絵文字:リサイクル

再利用される物は空き缶、空き瓶だけではありません。
紙・プラスチック・ペットボトルなど様々な素材が、生まれ変わって、再度私たちの暮らしの中では役立ってくれるのです絵文字:ピカピカ

ところが、分別をしないでごみを出してしまうと、すべてのごみが処分されてしまい、リサイクルできなくなってしまいます絵文字:泣き顔

これって本当に無駄ですよね絵文字:下向き矢印
地球の資源には限りがあるのです。ですから、少しでも無駄にしないように一人ひとりが心掛けることが大切なのです絵文字:揺れるハート

また、分別をしないでごみを出してしまうという行為は、地球環境に様々な悪影響を及ぼす可能性があります絵文字:げっそり

例えば紙類。
紙がリサイクルされなければ森林を伐採する量が増加します。
木々が少なくなることにより、空気中の二酸化炭素が増加し温室効果ガスも増えてしまうのです絵文字:下向き矢印

また、ペットボトルの場合、石油が原料として作られているので、焼却処分すると二酸化炭素が発生し、温室効果ガスの増加に影響します絵文字:冷や汗2

このようにごみを適切に分別しなければ、例え再利用できる物であったとしても再利用できずに、不要なごみになってしまうのです絵文字:たらーっ

しかもそれだけではなく、地球環境を悪化させてしまう恐れもあるのですよ絵文字:あせあせ

だからこそリサイクル可能な物はしっかりと分別して再利用することが大切なのです絵文字:笑顔

ごみの分別ごみの量を減らすだけでなく、地球環境の改善にもつながっていくということを忘れずに毎日を過ごしていきたいものですね絵文字:音符

とは言っても、ごみの分別って結構めんどうくさいものです絵文字:たらーっ
私がオススメする分別を習慣付けるポイントは「各部屋に分別用のごみ箱を複数置いておく」ことです絵文字:指でOK

ごみ箱が各部屋にひとつしかない場合、後で分別しようとしても、たまってしまったごみをひとつずつ確認する作業に手間がかかり、結局面倒くさくなり、まとめて出してしまうという事態に陥りがちです絵文字:ふらふら

こんな状況になるのを防ぐために、部屋にごみ箱を複数設置して、自然に分別できる環境を作っておくことが大切なのです絵文字:ピカピカ

燃えるごみや燃えないごみ、ペットボトル、ビンなどそれぞれ専用のごみ箱を置いておくと、対応したごみ箱へ捨てるだけで分別できます絵文字:上向き矢印

こうすることで、自然に分別する習慣が身に付きますよね絵文字:笑顔

複数のごみ箱を置くとお部屋が狭くなりがちですが、今はコンパクトなごみ箱やロッカーのように縦積みになったごみ箱などもあるので、ご利用になってみてはいかがでしょうか絵文字:!?

また、捨てるごみの種類が分かりやすいよう、ごみ箱に不燃ごみ」「可燃ごみ」などと書いたラベルを貼っておくのもオススメです絵文字:チョキ

お子様がいらっしゃるご家庭であれば、写真やイラストなど分かりやすい表示をしておくことで、子供でもごみを分別できるようになります絵文字:ウインク

またこのようなラベルをお子様と一緒に作ることで、資源の大切さについての教育ができる良い機会になるのではないでしょうか絵文字:!?

そして、もうひとつ身に付けたい習慣は「ごみを捨てる前に必ず一度確認すること」です絵文字:ウッシッシ

きちんと分別しているつもりでも、間違えて捨ててはいけないごみを混入させていることもあります絵文字:冷や汗

ごみを捨てる前には袋を開けて確認し、分別できていない物がないかをチェックするようにしましょう絵文字:鉛筆

そしてごみステーションなどに持っていく際は、ごみ袋の口がしっかりと閉じられているか、指定されたごみ袋を使っているか、といったことも確認しておくことも大切です絵文字:!

また、ごみの分別の種類は可燃ごみや不燃ごみ、資源ごみなどがありますが、その詳細は各自治体や地域によって違います絵文字:パー

地域の役所や町内会長さんなどにごみの出し方を確認し、迷惑をおかけしないように心掛けることが大切です絵文字:ピカピカ

ごみの分別は資源のリサイクルだけでなく、自然環境の保護にもつながっています。
決して自分だけの問題ではないことを自覚して、しっかり分別していくことを心掛けましょう絵文字:ピカピカ

そこで本日は、こんなダストボックスをご紹介しようと思います。

W CUBE ダブルキューブ 袋が見えないカバー付き 木製 ごみ箱

画像


こちらはナチュラルな色味の木目カバー本体の鮮やかなカラーのコントラストが美しい、機能性とデザイン性のバランスが取れたダストボックスです絵文字:ピカピカ

一見、ダストボックスには見えませんよね絵文字:音符

キューブ状のスタイリッシュなフォルムは、お部屋に置いても生活感が出ないので、ワンランク上のお洒落な空間を演出してくれます絵文字:ピカピカ

しかも、こんなにスタイリッシュでありながら、存在感を主張しすぎないデザインなので、様々なインテリアのアクセントにもピッタリです絵文字:指でOK

画像画像


またこのダストボックスのうれしいポイントは、カバーを取り付けた際、外からごみ袋が見えにくいこと絵文字:ほっとした顔
ごみ袋の取り換えも簡単にできるのですよ絵文字:チョキ

画像


カラーは、ブラック、ブラウン、ダークブルー、ホワイト、ストーングレー、アイボリー、ペールブルーグリーン、オリーブ、グレーブラウン、コーラルピンク、ハニーイエローの11色

画像画像
画像画像
画像画像


豊富なカラーバリエーションの中から、お部屋のイメージに合わせてコーディネイトができます絵文字:音符

さらに、それぞれのカラーに10Lと4Lの2サイズがあるので、お部屋の広さや家族の人数などに合わせてお選び頂けますよ絵文字:指でOK

画像


このダストボックスなら複数並べて置いてもおしゃれなので、ごみの分別にも役立ちますよね絵文字:ムード

サイズも2種類あるので、たまりやすい可燃ごみは10L、あまりたまらないビンは4Lといった使い分けもできます絵文字:指でOK

画像


スタイリッシュなダストボックスで皆様の暮らしを便利に、そして彩り豊かにされてみてはいかがでしょうか絵文字:!?



  • 商品を詳しく見る
  • お気に入りに登録

絵文字:笑顔こんにちは絵文字:笑顔
絵文字:ピカピカヤマダです絵文字:ピカピカ

本日10月8日は暦の上で「寒露」(かんろ)です。
寒露とは、晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露を表しています。

夏の暑い時期に飲んでいた冷たい飲み物から、ホットコーヒーやホットミルクなどの温かい飲み物に切り替わる頃でもありますよね絵文字:喫茶店

そこで今日は、夏の間に使用したガラス製品のお手入れについてご紹介しようと思います絵文字:ムード

長く美しいまま使用していくためには、日頃からいろいろと心掛けなければいけないのですって絵文字:目

まずは、洗う前にガラスを傷付ける原因となりやすい指輪や、腕時計を外しましょう絵文字:パー

ガラスは、基本的に中性洗剤をしみこませたやわらかいスポンジで洗います絵文字:ピカピカ
その際、汚れが残りやすい口元、内側の角は特にていねい絵文字:!
持ち手や底も忘れずに洗いましょう絵文字:ピカピカ

研磨剤入りのクレンザーやタワシなどは、表面の傷の原因になるので絶対に使用しないで下さいね絵文字:ウインク

ガラス製品は小さなヒビや力のねじれで割れてしまうこともあるため、優しい力で擦りましょう絵文字:ほっとした顔

汚れが乾いている場合は、中性洗剤を溶かしたぬるま湯に30分ほど浸してから洗うのがオススメ絵文字:指でOK

このときスプーンやフォークなどと一緒に入れておくと、ガラスにあたって傷が付くことがあるので避けた方が無難です絵文字:パー

また、他の洗い物から油汚れが移ってしまわないよう、ガラス専用のスポンジを用意しておくと良いですよ絵文字:指でOK

そして洗い終わったら、洗剤が完全に落ちるまで流水やぬるま湯でよくすすぎます絵文字:ピカピカ

ガラスは急激な温度の変化に弱いという性質があります。
冷たすぎる水だと収縮し、熱いお湯だと膨張して割れてしまう可能性があるのです絵文字:ドン

ですから、すすぐときは40〜45℃程度のぬるま湯で優しく洗い流して下さい絵文字:ピカピカ

また、食洗機を使用する際には注意が必要です絵文字:危険・警告

食洗機でガラス製品を洗浄すると、他の物とこすれて傷が付いてしまったり、庫内の温度差で割れたりすることがあります絵文字:ドン

特にクリスタルガラスは、専用洗剤が鉛と反応して変色や曇りの原因になることもあるので注意して下さい絵文字:危険・警告

どちらにしても「食洗機対応」と表示してあるガラス以外は、手洗いの方が安心です。

どうしてもという場合は、他のグラスや食器類と重ねないようにしましょう絵文字:笑顔

次に拭き方・乾かし方のご紹介です絵文字:音符

拭くときは、硬い布やホコリのついた布は傷を付けてしまう可能性があるので避けましょう絵文字:パー
麻や綿100%の糸くずが出ないやわらかくて清潔な布がオススメです絵文字:ピカピカ

また柔軟剤を使用した布でシャンパングラスなどを拭くと、柔軟剤の油分で炭酸の泡が立ちにくくなる場合があるので要注意絵文字:危険・警告

拭かないで自然乾燥にしても問題はないのですが、まれに道水に入っている塩素やカルシウムの跡がついてしまうことがあります。

これは「ホワイトスポット」と呼ばれています。
ホワイトスポットは時間が経っていなければクロスで磨くように拭けば除去できますが、頑固な物はなかなか取れないので、早めにお手入れすることが大切です絵文字:ボケーとした顔

そして保管方法。

グラスを積み重ねて収納している方はいらっしゃいませんか絵文字:!?
ガラスのグラスを重ねると傷の原因になるだけでなく、はまって取れなくなってしまうことがあります絵文字:ドン

もしはまってしまった場合、無理に外そうとするとガラスが割れ、手指を切る可能性もあるのでやめましょう絵文字:パー

重ねて取れなくなった場合は、下側のグラスをお湯に浸けてゆっくりまわすと、簡単に外れますよ絵文字:ひらめき

また、グラス類は伏せて置いておくと内側が湿気で曇ってしまうことがあるため、飲み口は上に向けておくか空気の逃げ道を作っておきましょう絵文字:ダッシュ

プレートやデザートボウルなども、できれば重ねない方が理想的ですが、やむを得ない場合は間に布や紙ナプキンなどをはさんでおくと傷の心配が軽減します。

最後に、しつこい汚れがついてしまったときの取り除き方をご紹介しますね絵文字:複数ハート
いつもの洗い方にほんのひと手間加えるだけで、カンタンに綺麗にできますよ絵文字:ピカピカ

水アカ(ホワイトスポット)
アルカリ性の汚れである水アカは、酸性のレモンや食酢で落とすことができます絵文字:チョキ

スポンジや布、ペーパータオルなどに含ませてこするだけで絵文字:OK
粗塩を付けて擦ると酸性が強くなってさらに効果的です。
ただし、傷付かないように力加減に注意しましょう絵文字:危険・警告

ステイン(茶渋やワイン渋など)
茶類やコーヒーの汚れだけでなく、赤ワインによっても付着します絵文字:ボケーとした顔

ついたばかりの軽い物なら、洗剤を使わずに、アクリルタワシや、重曹をのせたスポンジ、やわらかい歯ブラシで擦るだけで落とすことができます絵文字:指でOK

重曹は浸け置き洗いにも向いています絵文字:ほっとした顔
食用タイプの重曹を使用すれば、食器にも安心してたっぷり使えますよね絵文字:笑顔

アクリルタワシや重曹でも取れない頑固なステインには、薄めた食器用漂白剤を使うと良いでしょう。
30分以上浸けて置くと汚れもすっきりと落ちます絵文字:ピカピカ

ただし、樹脂や金属といった漂白剤使用不可素材がついていないか、事前にしっかり確認をしましょう絵文字:ほっとした顔

油汚れ
重曹をのせたスポンジややわらかい歯ブラシで擦ります。
なるべく熱めの湯で洗うのが効果的です。

お祝いなどで高価なグラスを頂くこともあります絵文字:笑顔
せっかくですから、正しいお手入れをして長い間大切に使いたいですよね絵文字:ピカピカ

そこで本日はガラスだけでなく、食器類のお手入れに欠かせないこんなキッチングッズをご紹介します。

YOHAKU コンパクトにまとまる水切りセット カトラリーポケット付き ピュアホワイト

画像


こちらは、どんなキッチンにもすっきりと馴染むシンプルなデザイン水切りセットです絵文字:ピカピカ

たっぷり大容量の水切りケースとバスケット、スノコ、カトラリーポケット(2個)などがセットになっています絵文字:音符

画像


このセット、なかなか使い方が幅広いのですよ絵文字:ひらめき
拡張するとなんと6通りもの使い方ができるのです絵文字:!!

基本水切り

画像

上の写真のように全部合わせて使用してもいいのですが、他にも様々な使い方があるのでご紹介していきますね絵文字:笑顔


水切りケース+スノコ+カトラリーポケット

画像

スノコの凹凸でお皿が支えられて自立するので水切れしやすいのが特徴です絵文字:指でOK


B バスケット+トレー+カトラリーポケット

画像

風通しが良いので湿気がこもることがなく、洗った物が素早く乾きます絵文字:ピカピカ


スノコ+トレー

画像

グラストレーとして便利に使えます絵文字:ピカピカ
スノコのおかげでグラスの口元がべったりとくっ付かず、グラスの内側も乾燥しやすくなっています絵文字:ムード


D ケース+排水キャップ

画像

排水キャップを使用すれば、洗い桶にしたり、つけおき洗いをしたりできます絵文字:ピカピカ
さらに、ケース内やスノコ、バスケットなど本体のメンテナンスもラクラクです絵文字:指でOK



シンクにわたして使えるバスケット

画像


バスケットの下には伸縮自在のバーが付いているので、シンクの上にわたして使えます絵文字:上向き矢印
食器からの水はそのままシンクに落ちるので、トレーの必要がありません絵文字:パー

このように組み合わせて使用できますから、下の写真のように洗ったばかりの食器はシンクにわたしたバスケットに、少し乾いたらケースに移して使うなど、同時に別の使い方ができますよ絵文字:指でOK

画像

ワイヤーバスケットは、SUS304ステンレスを粉体塗装でコーティングした丈夫で錆びにくい仕様絵文字:上向き矢印

さらに嬉しいポイントは回転式の排水ノズル絵文字:音符
向きが自在に変えられるので置き場所を選びません絵文字:チョキこれってすごく便利ですよね絵文字:ピカピカ

カラーは、ピュアホワイト・ブラッシュピンク・ショコラ・ライトグレーの4色。
キッチンの雰囲気に合わせてお選び頂けます絵文字:チョキ

画像画像
画像画像


おしゃれで使いやすい水切りトレーのセット。
こんなステキなキッチングッズがあったら、家事が楽しくなりそうですよね絵文字:笑顔
皆様のキッチンにいかがですか絵文字:!?



  • 商品を詳しく見る
  • お気に入りに登録

こんにちはー。
声の大きい熱血店長のマエダです絵文字:指でOK

私の部下に、結婚してそろそろ半年という女性がいます。
そのスタッフに「そろそろ新婚生活にも慣れた?」と声を掛けてみたところ、「毎日楽しいのですけど、仕事と家事の両立がなかなか難しくて・・・絵文字:あせあせ」という言葉が返ってきました絵文字:落胆

確かに最近の共働きのご夫婦は、家事も分担してやっているようですが、そうは言っても女性の負担が大きくなりがちですよね絵文字:悲しい

改めて考えてみたのですが、私の妻も兼業主婦です絵文字:ひらめき
できる限り家事には協力しようと思っていても、ほとんど頼りっきりといった感じです絵文字:冷や汗

ところが妻はちっとも大変そうな様子を見せないのです絵文字:目
そのことを尋ねてみると「長年主婦をやっていると、自然に家事のコツが身に付いてくるものなのよ絵文字:音符」となんとも力強い答え絵文字:パンチ

では、家事のコツは何かと聞いてみると、単刀直入に「時短絵文字:指でOKという回答が返ってきました。

そこで、具体的に家事における時短のコツについて聞いてみました絵文字:耳
皆様の暮らしに役立ちそうな情報もありましたので、ここでご紹介しますね絵文字:上向き矢印

まずは掃除について絵文字:!

しっかりと掃除をしようと思うと、ホコリを払ったり、掃除機をかけたり、床拭きをしたりと、時間がかかる上に重労働ですよね絵文字:悲しい
掃除の負担を軽減するコツは「日頃からマメに掃除をすること絵文字:指でOKだそうです。

一見面倒くさそうなのですが、意外にそうでもないのですよ絵文字:ほっとした顔

フローリングワイパーや粘着カーペットクリーナーなど、手軽な道具を家中の手の届きやすいところに置き、気付いたときにササッと処理をすれば、大掛かりな掃除の回数が減らせます絵文字:ピカピカ

お風呂掃除のコツは、床に物を置かないこと絵文字:ほっとした顔
洗面器や手桶などは、フックなどを利用して吊るすのがオススメ絵文字:上向き矢印
カビの発生を抑える上、床のヌメリも防ぐことができます絵文字:ピカピカ

トイレ掃除のオススメは、トイレットペーパーとクエン酸スプレー絵文字:音符
雑巾を使うと、洗って干して乾かしてしまって・・・といった手間がかかりますが、トイレレットペーパーならそのまま便器に流せます絵文字:チョキ

また、100円ショップなどにもある除菌スプレーも便利ですよ絵文字:笑顔
1日に1〜2回、床、便座、ふち裏にスプレーし、サッと拭くだけでもきれいに保てます絵文字:ピカピカ

最近では便器の中に付けるだけの「ブラシ不要」タイプの洗剤もあるので、うまく利用して下さい絵文字:笑顔

キッチンは、汚れたらすぐに拭き取るのが基本絵文字:ウインク
使い捨てダスターで、料理中の汚れや水分をその都度拭き取れば手軽ですよね絵文字:ピカピカ

また、排水溝や三角コーナーにはネットをかぶせ、ヌメリを発生させないよう、生ごみはこまめに捨てましょう絵文字:ほっとした顔

次にご紹介するのが洗濯の時短ワザです絵文字:Tシャツ

汚れをしっかり落とすためには、洗濯機を回す時間の短縮はできません絵文字:パー
だからこそ使いたいのが「すすぎ1回」でOKの洗剤や洗濯機です絵文字:笑顔
すすぎが1回でOKなら時短もバッチリですよね絵文字:指でOK

また、洗濯物はハンガーにかけて干し、そのまま収納するのもなかなか効率的な時短テク絵文字:ウインク

洗濯物をたたむ作業がなくなる上、服にしわがつかないため、アイロンがけの時間も減らせます絵文字:!!
ワイシャツなどは、形状記憶素材を選べばよりアイロンの手間が省けますよね絵文字:ピカピカ

さらにお風呂上がりに使うバスタオルを小さいフェイスタオルに切り替えることで、洗濯をしても乾きやすくなり、収納場所も取りません絵文字:ほっとした顔
体についた水分はフェイスタオルでも十分に拭き取れますよ絵文字:音符

他にも生乾きが心配な厚手の物は、朝までに洗濯が終わるようにタイマーをセットし、干す作業だけすれば良いですよね絵文字:時計

最後に調理の時短テクニックをご紹介します絵文字:ピカピカ

妻がよくやっているのが「野菜のまとめ下ごしらえ」です絵文字:笑顔
買ってすぐ、使いやすい大きさに切ってジッパー付きのビニール袋などで冷蔵庫に保存します。

パプリカやキノコ類などは冷凍保存もできるので、有効に活用してみて下さい絵文字:上向き矢印

またブロッコリーやカリフラワーなどは茹でてから冷凍すれば、お弁当にそのまま入れることで保冷剤の代わりにもなりますよ絵文字:チョキ
はじめから市販の冷凍野菜を使うのもオススメです絵文字:音符

そして冷凍は野菜だけではなく、焼いた魚でも可能です絵文字:OK
例えばサケの切り身。一度にまとめて焼いて冷凍しておけば、お弁当のおかずや、「御飯のおかずが1品足りないな」というときに役に立ちます絵文字:チョキ

道具を使うのも確実な時短テクニックです絵文字:音符
圧力鍋を使えば野菜も肉もあっという間にやわらかくなります。
また最近では材料を入れてスイッチを押すだけであとは全部機械がやってくれる自動調理鍋などもあります絵文字:笑顔

まだまだ時短テクニックはたくさんあるそうですが、ネットでも紹介されているので、皆様も一度調べてみて下さいね絵文字:指でOK

それでは本日は時短家事に大いに役立つこの商品をご紹介します絵文字:ピカピカ

【AINX/アイネクス】コンパクト 卓上型 食器洗い乾燥機 ダブルノズル高温洗浄

画像


こちらは面倒で時間のかかる食器洗いや乾燥がこれ1台で解決できる食器洗い乾燥機です絵文字:ピカピカ

普段お使いになっている食器水切りカゴのスペースに置けるほどコンパクト

画像


コンパクトとは言っても、その収容力はなかなか見事ですよ絵文字:音符

秘密は上部・下部の2段式トレー絵文字:ピカピカ
箸やフォークなど細かいカトラリーは上部の小物収容スペースに、お皿やコップなどは下部の食器収容スペースに分けて収納できるのです絵文字:チョキ

画像


1度に洗浄・乾燥できる食器の例ですが・・・
大皿2〜3枚、中皿2〜3枚、小皿2枚、小鉢2個、茶碗2個、汁椀2個、コップ3個に箸などの小物類です絵文字:ピカピカ結構な量を洗えますよね絵文字:上向き矢印

画像


使い勝手もなかなか良いのですよ絵文字:ひらめき
大きく前に開く扉を台座にして滑り出てくる中のカゴには、下部にローラーが付いているので、動きがなめらか絵文字:ほっとした顔
カゴが外に出てくることで食器の出し入れがスムーズにできます絵文字:チョキ

画像


「でも食器洗い乾燥機って工事が大変そう絵文字:たらーっと思われる方も多いと思うのですが、そのような心配も不要です絵文字:パー

なんとこの食器洗い乾燥機は手動による上部給水式絵文字:目
付属の給水カップで本体上部の給水口から水を注ぐだけなのです絵文字:!

面倒な水道蛇口の分岐水栓工事などは一切不要なので、箱から出してキッチンに設置すれば、すぐにご使用頂けるのです絵文字:笑顔

画像


排水は付属の排水ホースを使ってシンクに流すだけ絵文字:指でOK
これなら賃貸住宅にお住まいの方でも設置可能ですよね絵文字:上向き矢印

給水ホースも付いているので、分岐水栓にも対応しています絵文字:ほっとした顔

画像


もちろん洗浄能力も抜群ですよ絵文字:ピカピカ

メーカー独自の新次元高圧モードを搭載し、高水準の圧力洗浄と上下ダブル洗浄ノズルで、頑固な汚れも効率良く落としてくれます絵文字:ピカピカ

画像画像


さらに洗浄モード5種(スタンダード・クイック・ミドル・ストロング・ウォッシュ)と機能も充実絵文字:ピカピカ

その上、衛生面も配慮した高温ドライクリーニング機能まで搭載しています。
庫内のイヤな臭い残りや水残り、カビや雑菌の増殖を75℃の温風+送風で乾燥し防いでくれるのですよ絵文字:パー

また特筆しておきたいのが省エネ性能です絵文字:芽
この食器洗い乾燥機は、水道使用量・消費電力を抑えた業界トップレベルの省エネモデルなのです絵文字:芽

水使用量は最小で約5リットル通常の食器洗いでは約35リットル使用すると言われているので、かなりの節水になりますよね絵文字:笑顔

画像画像


またクイックモードならわずか310ワットの消費電力で洗浄乾燥が可能。
電力も節約できると言うことですね絵文字:チョキ

操作も簡単絵文字:音符
分かりやすい大型操作ディスプレイを搭載しています絵文字:上向き矢印
電源を入れ→モードを選んで→スタートするという3ステップの簡単操作なので、機械がちょっと苦手と言う方でもすぐに使い始められます絵文字:ムード

画像


皆様も手軽に導入できる食器洗い乾燥機で家事の時間をぐんと短くしませんか絵文字:!?
余った時間で自分の趣味を存分に楽しめますよ絵文字:音符



  • 商品を詳しく見る
  • お気に入りに登録
前へ メインページへ戻る 次へ

このページのトップへ

関連施設検索

  • クックドア
  • マーケットピア ショッピング施設検索

関連ブログ

  • グッドショッピング お買物サポートブログ
  • 料理ブログ
  • グルコック

お役立ちコンテンツ

  • ナスラックKitchen
  • 英語de英会話レッスン

グループサイト

  • 東建コーポレーション株式会社
  • ナスラック
  • ナスラック キッチンショールーム
  • ハートマークショップ
  • 東建グループ公式姉妹サイト
ハートマークショップの「お買い物ブログ」は、ハートマークショップのスタッフが新商品やキャンペーンなどのお得な情報をご紹介するブログです。
お買い物ブログで紹介する商品は、キッチン用品・調理家電から、生活雑貨や生活家電、家具や収納など、幅広く取扱っています。季節に合わせたオススメ商品もありますので、欲しくなっちゃうこと間違いなし!買い逃さないように要チェックです。
ぜひ、ハートマークショップの「お買い物ブログ」をのぞいてみて下さい!